子宮内避妊具を挿入することにより、受精卵が着床するのを防ぐため避妊効果があります。
ミレーナは黄体ホルモン(ノボノルゲストレル)が付加されており、黄体ホルモンの影響で子宮内膜の増殖を抑え、より受精卵の着床をしにくくし、また膣内粘液の性状を変化させ精子が子宮内に侵入することを妨げたりすることができる子宮内避妊システムです。
高い避妊効果がありますが、100%妊娠を妨げるわけではありません(1年間に妊娠する確率は約500人に1人(0.2%)です)。

避妊目的による挿入 … 60,000円

※黄体ホルモンによる内膜の増殖を抑える効果を活用し、過多月経や月経困難症などの治療に用いられることもあります。この保険適用となりますので、挿入、抜去、入れ替え、定期検診の料金(自己負担額)が異なります。