子宮内膜組織が子宮内ではなく別の場所(卵巣や骨盤内)で増殖し、月経のような出血を起こすことにより、下腹痛や性交痛、不妊の原因となることがあります。