外陰部にかゆみがある、おりもの(帯下)の量が多い、においや色が気になる、外陰部にできものがあるときなどもご相談ください。帯下の菌培養検査や、性感染症の菌やウイルスについて検査を行い、必要があれば消毒や薬を使用して治療を行います。

性感染症には、クラミジア、淋菌、ヘルペス、トリコモナス、梅毒、尖圭コンジローマ、肝炎ウイルス、HIVなどがあります。これらに感染すると症状がある場合もありますが、男性と比較すると女性には自覚症状がないことも多いです。

症状疑われる病名
かゆみが強いカンジダ外陰腟炎 トリコモナス腟炎
痛みが強い性器ヘルペス症 カンジダ外陰腟炎 接触性皮膚炎(かぶれ)
腫れがあるバルトリン腺のう胞(膿瘍)
量が多い・においがきつい非特異性膣炎 淋病 クラミジア頸管炎 トリコモナス膣炎
色が濃いクラミジア頸管炎 淋病
イボがある尖型コンジローマ

自覚症状がなくても、自分の身体について知りたい場合は、ブライダルチェックで検査を行うこともできます。いつでもご相談ください。